トルコ一人旅'05 の記録
by mashazo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


<   2005年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

その後

さて、8日目にコンヤからギョレメに移動した後、このサイトの更新がとどこうっていましたが、やっとネット環境がつながりました。といっても街のインターネットカフェです。

さて今日は4/26。現在地はサフランボル、世界遺産に登録された小さな村です。
どういうわけか国際電話が通話できず、というわけでコレクトコールもできません。

ギョレメに2泊して、アンカラという街に出ました。トルコの首都です。ここで3泊。首都らしく大きな道路とビル群の街です。大きなショッピングモールへも行きました。トルコの奇妙なことは、このショッピングモールのお店の物価は日本と変わらないということです。in The Roomのような高級家具店があったり、映画館があったりします。ちなみにその時上映していた中に「リング2」がありました。

で、昼ご飯はマクドナルドでした。なぜトルコまで来てマクドナルドかというと、レシピは同じでも材料がトルコ国内だから、うまいのだという情報を得ていたからです。実際肉はうまかったです。ビッグマックでした。ただ、店員の作業効率がものすごく悪く、10人くらいスタッフがいるのに、みんな全速力で作業してました。料理はすぐ出てくるんですが、なんか痛々しい作業風景でした。

アンカラを出て4時間バスに乗り、現在の滞在地サフランボルに来ています。ここは黒海から50kmほど内陸にあたります。どうやらこの地ははるか昔、シルクロードの通過地点だったようです。そこに村ができ、現在まで当時の町並みが残された結果、世界遺産に登録されたようです。1994年のことです。

登録されてからすでに10年経っているので、街はかなり観光地化されていますが、雰囲気的にはさびれた温泉町のようで、土産物屋が並ぶ界隈は楽しいですね。ここに1週間滞在して、来月2日にまたアンカラへ戻り、そのまま今度はキュタフヤという街まで出ます。ここはトルコを代表する陶器の街です。もともとトルコはイズニックという街がタイル生産で有名でしたが、現在は衰退しているそうです。

キュタフヤに4泊して5/6にイスタンブールに戻ります。
[PR]
by mashazo | 2005-04-26 17:52 | トルコ旅日記

8日目その2

コンヤ到着。街の中心地まで20分ほど歩く。公園で休憩(チャイをいただく)。
路面電車で40分、長距離バスターミナル(オトガル)へ。

2時のバスを予約し昼食。バスはローカル会社のためフロントガラスにヒビが入っていたりと年季が入っている。席も狭い。ここから3時間、これは結構疲れた。

a0028704_3573913.jpg


途中、知る人ぞ知る街を経由。アクサライである。

a0028704_3585096.jpg


目的地ギョレメまでの140kmは、果てしなく続く荒野と小さな町の連続であった。土地が平坦なため、はるか遠くの町も見える。ところでこのあたりに、スターウォーズでロケ地となった地域もある。

ギョレメ到着は6時。疲れたので9時には寝てしまった。バス移動は疲れる。
[PR]
by mashazo | 2005-04-22 04:04 | トルコ旅日記

8日目

さて、いよいよ旅も中盤戦である。イスタンブールを離れて中央トルコへと移動する。
イスタンブールのアジア側にあるハイダルパシャ駅から寝台特急に乗り、翌朝9時まで14時間かけてコンヤという街へ向かう。

a0028704_320330.jpg

アジア側へ渡る定期船

寝台特急メラムエキスプレスはとても快適。ちなみに価格は56YTL(約4480円)。通常、旅行ガイドブックでは、バスでの移動を薦めているが、確かに価格的にはバスが有利(2000円弱)。ただ、12時間もの時間をバスの座席で過ごす恐怖と疲労を考えたら、一泊分のホテル代と見ても格安。

a0028704_3271049.jpg

個室寝台には、それぞれ洗面台もついている。

食堂車で夕食をとり(めっちゃ揺れるが)、就寝。窓のカーテンを開けたままにしたので、夜明けともに明るくなり、7時には目覚める。ちょうど平原地帯を移動中だった。

a0028704_33156100.jpg


同じ寝台車には他にも乗客がいた。ちなみにトルコで列車は基本的にトルコ人の乗り物。特に鈍行列車は貧しい人たちがつかっているそう。言い換えると、特急で個室寝台を使うトルコ人はビジネスマンか裕福な家庭、といえる。さて、同じ旅の共は彼ら。

a0028704_337325.jpg


で、二人の写真をチェキで撮って写真をあげたのだが、するとおばあちゃんが出てきて、胸にはもっとちいさな赤ちゃんを抱いている。どうやらこっちも撮ってほしいらしい。喜んでいただいて何よりである。
[PR]
by mashazo | 2005-04-22 03:26 | トルコ旅日記

あしたから

いよいよトルコ内陸へ旅に出る。こちらのページ更新頻度もちょっと間が空くと思うのでよろしく。

さて、イスタンブールでの宿泊先のご紹介をしておこう。1泊5ユーロ(ちょっと値上がり)。

a0028704_444395.jpg

私の居住スペース(二段ベッドの下)。快適である。

a0028704_453998.jpg

台所である。宿泊者はみな料理上手だ。

a0028704_462775.jpg

今夜はハヤシライスデイとなった。ひさしぶりの日本食?に皆絶賛。

といった宿TREE OF LIFEである。
[PR]
by mashazo | 2005-04-19 04:07 | トルコ旅日記

6~7日目

6日目はアジア側を散策。住宅街を中心に歩く。日曜日なのでけっこうにぎやかだった。一戸建ての家はほとんどない地域で、生活環境は良いとはいえないが、ベランダでチャイを飲む夫婦や散歩をする家族、子供達を見ると、時間の流れ方が日本とは違うような気がした。

さて、写真を撮り続けてはいるものの、なかなか人を撮ることができないでいる。話しかけるのは難しいのだが、せめて挨拶だけでもと、道行く人に声をかけているのだが。なんにせよトルコの人たちはみんな気さくだ。

7日目はちょっと疲れ気味なのでお休み。明日から内陸へ旅にでるのでちょっと様子をみることにする。午前中1時間ほど散歩しただけだが汗をかいてしまった。こっちの天気ははれたり曇ったりと不安定な日が続いている。
[PR]
by mashazo | 2005-04-18 22:40 | トルコ旅日記

5日目

今日は新市街。ハイアットなど一流ホテルがあり、ブランドショップが立ち並ぶおしゃれスポットだそう。なわけで、出発。

普通だとバスを使って移動するのだが、イスタンブール5日目にして未だにバスの乗り方がわからず、いったいどこでチケットを買うのだかよくわからない。もともと歩くのがすきなので、ここでも歩いていくことにする。

宿泊先の旧市街からは、ガラタ橋を渡ると新市街になるのだが、渡ったすぐの場所はまだ古めかしい町並み。コンセントのパーツやタイヤ、金物のお店が立ち並ぶ地域で、どうみてもおしゃれスポットではなさそう。そこから延々と坂道を登り続けること30分、やっと開けた町並みに変わる。

新市街のメインストリートは、観光客でごったがえしの状態で、お土産やCD、本を探すにはもってこい。ところでCDショップに入ったらCDと並んでカセットテープがあった。同じアーティストからCDとテープが出ているのもある。こっちではいまだラジカセが一般的なのか。
せっかくだからトルコのポップスを買おうと思うのだが、視聴できるものがなくジャケ買いしかない。とはいえ地元アーティストのCDは軒並み安い。12YTLだから1000円くらい。

新市街も一歩路地に入ると、様相はがらっと変わる。イスタンブールはそういう風景がとても多く見られるが、きれいな町並みのすぐ裏に、崩れたビルと路上生活者がいる。

さて、イスタンブールは猫が多い、とにかくたくさんいる。今日であったやつはこんなのだ。

a0028704_047452.jpg

[PR]
by mashazo | 2005-04-17 00:47 | トルコ旅日記

3~4日目

3日目はね、歩いたのさ。行き着いた先から船にのって帰ろうとおもったら、そのあたりは観光地でなくて、船は通勤通学のためのものだったみたい。つまり朝と夜しか出航しないのさ。で、まあ片道10km程度の道を引き返したりしたのさ。つかれたよ。雨降ったし。

ま、でも住宅街はよかった。観光客はまず来ない地域だからねえ。ちょうど中学校かな、がなぜかお昼に下校時間?でにぎやかだった。この風景は日本と変わらないね。校庭に整列してる生徒と、マイク持って叫んでる先生がいた。会話はわからないけど「だらだらすんな」とかだと思う。

ちょっとしたカフェがあって、素通りするつもりだったんだけどお店のおっさんに声をかけられたので話す。というか普通の日本語だった。彼は8年前に日本に仕事で来てたそう。ってか日本にやけにくわしかった。チャイをご馳走になった。

a0028704_0335930.jpg


なので4日目は休息日にしました。足筋肉痛だし。
それでもちょっとだけ外出して、アヤソフィアというモスクへ見学に。やっと観光客らしいことをする。

a0028704_0314360.jpg


More
[PR]
by mashazo | 2005-04-16 00:34 | トルコ旅日記

やっと

写真を掲載できる準備ができました。というのも、持参した電源コネクタ、形状はC型で合っているのだけど、壁のコンセントは円形のくぼみの中に穴があるので、持っていった変圧器の端子だと差し込めないのでした。なので昨日今日とイスタンブールの電気屋をめぐって、端子探し。
普通の観光客なら、こういう店に行くこと自体ありえないですが、そこらへんが今回の旅の醍醐味。

で、イスタンブールはアジア、ヨーロッパにまたがった広い地域で、当然ながらお店の数もたくさんあります。有名なグランドバザールで4400店だそうですが、街自体が巨大なショッピング街でもあります。ひとつの雑居ビルの地下から3階までがぜんぶ電気屋だったりカメラ屋だったりします。ちょっとした秋葉原の様相です。これはこれで楽しい。

それにしてもカメラ屋が多い!トルコ人はカメラ好きじゃないかと思うくらい、日本にもこのくらい充実してるといいな、くらいな店舗数です。やはり主力はデジタルカメラで、しかしよく見ると暗室用品が置いてあったりストロボが並んでたり、いまいちターゲットの客層がわかりませんね。

で、まあ目当ての端子は、宿の同居人の情報で発見し購入できました。

a0028704_0123386.jpg

[PR]
by mashazo | 2005-04-16 00:13 | トルコ旅日記

2日目

昨日の到着は23時だったので、今日から行動開始。
ゆっくりとイスタンブールを見物しよう、と思ったのだけど、あまりの客引きの多さとしつこさにうんざりで、ブルーモスクもとぷかぷ宮殿も素通り。立ち止まって写真もとれやしない。

どうしようか考えつつ、観光客のいない海岸通りの道路沿いをしばらく歩いたところで、シーバスの港に到着。せっかくなのでイスタンブールアジア側へ行って見ることに。

イスタンブールは運河を隔てて、ヨーロッパとアジアを船と橋でつないでいる。アジア側は観光客も、特に日本人が少なく、さんざ歩き回ったけど日本人には一人も出会わなかった。よって客引きも皆無。坂が多いけど賑やかな地域もたくさんあった。どちらかというと、トルコ国内の旅行者が集まってる感じ。

さて、今月20日からカッパドキアへいくことにして、移動手段を考えた。一般的にトルコはバス大国なので、電車より使い安いのだが、カッパドキアまでの所要時間は12時間…、日本トルコ間に匹敵の時間。 途中休憩するにしたってバスの座席で12時間は恐ろしい。

こんなときは寝台特急を使うのがいいと聞いたので、調べた結果、カッパドキアの隣町コンヤ行きの寝台特急があるという。バスよりちょっと長い14時間だが、個室ベットの待遇は捨てがたい。価格もバスより若干高めながら、だいたいの旅行マニュアルにはバス移動を勧めてるだけに、普通出来ない体験で良いかなと思った。

なのでアジア側の出発駅へ予約しに行きました。さてどの窓口で予約するんだろう、トルコ語もまともじゃないので、とりあえず予約したい日時と列車名、寝台希望と書いて窓口に突き出す。「ここじゃないあっちで聞け」、移動した先では「ここじゃないあっち」最初のとこじゃん。

結局チケット売り場窓口の一番左のみ、予約受付だったみたい。とりあえず無事予約完了。

夕方まで歩いてまた船で戻り、水を買ったりして帰宅。明日は新市街へ。
[PR]
by mashazo | 2005-04-14 03:20 | トルコ旅日記

到着

あとで写真載せるけどさ、なかなかスパイシーな宿だよTREE OF LIFE。安いだけあるよ。

ま、空港でトンボ帰りもせず来れただけで良しとするさ。出発1時間遅れのうえ、空港からの移動が時間かかって、宿についたのは23時。マイルドに客引きに捕まるし。お陰で地下鉄にスムーズに乗れたからいいんだけど。

トルコがそうなのか、この宿がそうなのかわからないけど、なんか洗濯しないまま放置した雑巾みたいな香りが漂うんだよね。とりあえず今週は、イスタンブールをうろうろしてみます。
[PR]
by mashazo | 2005-04-13 05:54 | トルコ旅日記